2005年以降の研究業績(2013年3月31日更新)

学術論文

国際会議

国内学会

著書

解説その他

講演

特許

受賞歴

ロボットのデモ

メディア


学術論文
  1. 佐藤悠, 井上健司: 異なる起伏の地形を移動する6脚ロボットのトライポッド歩容, 日本機械学会論文集, Vol.82, No.843, 2016, No.16-00348 [DOI: 10.1299/transjsme.16-00348]
  2. Kenji Inoue, Kentaro Ujiie, Suwoong Lee: Development of haptic devices using flexible sheets for virtual training of abdominal palpation, Advanced Robotics, 2014, 28:20, 1331-1341, DOI: 10.1080/01691864.2014.938698
  3. Suwoong Lee, Hidetaka Nozawa, Kenji Inoue: Force Estimation via Physical Properties of Air Cushion for the Control of a Human-Cooperative Robot: Basic Experiments, Advanced Robotics, to be published in 2014.
  4. Suwoong Lee, Hidetaka Nozawa, Jae-Il Kim, Kenji Inoue: Fundamental Experiments on an Air-Cushion-Based Force Sensing Device for Soft Physical Human-Robot Interaction, IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering,accepted and to be published in 2013.
  5. Suho Park, Junhee Lee, Taehyun Nam, Yunjung Lee, Kenji Inoue, Suwoong Lee, Jaeil Kim: Effect of Proportional Control Treatment on Transformation Behavior of Ti-50.9 at. % Ni Shape Memory Alloy, Journal of Alloys and Compounds, accepted and to be published in 2012.
  6. Suwoong Lee, Hidetaka Nozawa, Jae-Il Kim, Kenji Inoue: Operation of forearm support-type lift assist system (FOLAS) by using pneumatic pressure in air cushions, Advanced Robotics, 2014, Vol.28, No.2, pp.91-104, DOI: 10.1080/01691864.2013.856833
  7. Kenji Inoue, Yuki Matsuzaki, Suwoong Lee: Micromanipulation using micro hand with two rotational fingers, Journal of Micro-Nano Mechatronics, ISSN 1865-3928, Volume 7, Numbers 1-3, pp.33-44, 2012/12. (DOI 10.1007/s12213-012-0042-4, 2012/8)
  8. Kenji Kamikawa, Tomohito Takubo, Yasushi Mae, Kenji Inoue, Tatsuo Arai: Omni-Directional Gait of Multi-Legged Robot on Rough Terrain by Following the Virtual Plane, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.24, No.1, pp.71-85, 2012/2.
  9. Seiji Aoyagi, Takashi Matsuda, Tse-Wei Kong, Tatsuya Ishimaru, Masato Suzuki, Kenji Inoue: Proposal and Development of Arrayed Sole Sensor for Legged Robot and Contact Force Detection Using Neural Networks, IEEE SENSORS JOURNAL, Vol.11, No.9, pp.2048-2056, 2011/9.
  10. Kenji Inoue, Shota Fujii, Tomohito Takubo, Yasushi Mae, Tatsuo Arai: Ladder Climbing Method for the Limb Mechanism Robot ASTERISK, Advanced Robotics, Vol.24, No. 11, pp. 1557-1576, 2010/09
  11. 上川健司,新井健生,前泰志,田窪朋仁,井上健司: 多脚ロボットの回転歩容による移動適用範囲の拡大, 日本ロボット学会誌, Vol. 28, No. 2, pp. 231-240, 2010/2
  12. 田窪朋仁, 井上健司, 新井健生: 予見軌道の修正指標マップを用いたヒューマノイドロボットの緊急停止動作, 日本機械学会論文集C編, Vol.75, No.759, pp.134-143, 2009/11.
  13. 田中 航,新井 健生,井上 健司,田窪 朋仁,朴 忠植: 微細格子パターンを用いたパラレルメカニズムのキャリブレーション. 日本機械学会論文集(C編) ,Vol. 75,No. 750,pp.380-389, 2009/2.
  14. 藤本 香織,國松 禎明,前 泰志,田窪 朋仁,新井 健生,井上 健司,山田 真人: 微小流路を移動する細胞の検出機構実装法. 日本ロボット学会誌 ,Vol. 26,No. 5, pp. 462-467,2008/7.
  15. Takenobu Yoshioka, Tomohito Takubo, Tatsuo Arai, and Kenji Inoue: Hybrid Locomotion of Leg-Wheel ASTERISK-H. Journal of Robotics and Mechatoronics ,Vol. 20, No. 3,pp. 403-412, 2008/6.
  16. Ahmed A. Ramadan, Kenji Inoue, Tatsuo Arai and Tomohito Takubo: New Architecture of a Hybrid Two-Fingered Micro-Nano Manipulator Hand: Optimization and Design, Advanced Robotics, Vol.22, No.2-3, pp.235-260, 2008/2.
  17. Kenji Inoue, Tamio Tanikawa and Tatsuo Arai: Micro-manipulation system with a two-fingered micro-hand and its potential application in bioscience, Journal of Biotechnology, Vol.133, Issue 2, pp.219-224, 2008/1.
  18. Kenji Inoue, Daisuke Nishi, Tomohito Takubo, Tamio Tanikawa, Tatsuo Arai: Performance Evaluation of Teleoperation for Manipulating Micro Objects Using Two-Fingered Micro Hand, Journal of Robotics and Mechatronics, vol.19, no.5, pp.577-584, 2007/10.
  19. 飯尾淳, 井上健司, 新井健生: レーザポインタによる3次元情報入力装置の開発とそのユーザビリティ評価, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.9, No.3, pp.313-324, 2007/8.
  20. 田窪朋仁, 西井一敏, 井上健司, 新井健生: マリオネットシステムによるヒューマノイドロボットの全身遠隔操作, 日本ロボット学会誌, vol.25, no.3, pp.457-465, 2007/4.
  21. Tomohiro Umetani, Yasushi Mae, Tatsuo Arai, Hironori Kumeno, Kenji Inoue, Tomohito Takubo, Hiroshi Niho: Automated Identification of Partially Exposed Metal Object, Automation in Construction, 16, pp.842-851, 2007/2.
  22. Tomohiro Umetani, Tatsuo Arai, Yasushi Mae, Kenji Inoue, Jun-ichiro Maeda: Construction Automation Based on Parts and Packets Unification, Automation in Construction, 15, 6, pp.777-784, 2006.
  23. W. Tanaka, T. Arai, K. Inoue, T. Takubo, Y. Mae, Y. Koseki: Link Length Control Using Dynamics for Parallel Mechanism with Adjustable Link Parameters, Mechatronics for Safety, Security and Dependability in a New Era (ICMA 2004), E. Arai and T. Arai (Editors), pp.431-434, Elsevier, 2006/12.
  24. Kenji Inoue, Masato Yamamoto, Tomohito Takubo, Yasushi Mae, Tatsuo Arai: Design of Multi Sensor Units for Searching Inside of Rubble, Mechatronics for Safety, Security and Dependability in a New Era (ICMA 2004), E. Arai and T. Arai (Editors), pp.415-420, Elsevier, 2006/12.
  25. 氏家良浩, 井上健司, 田窪朋仁, 新井健生: バーチャルリアリティを用いたヒューマノイドロボットの二足歩行動作に対する印象評価, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, vol.11, no.2, pp.245-252, 2006/6.
  26. 田窪朋仁, 井上健司, 新井健生: 人間型ロボットの作業移動−手先外力を考慮した重心位置の制御法−, 日本ロボット学会誌, vol.24, no.5, pp.614-622, 2006.
  27. Tomohito Takubo, Tatsuo Arai, Kenji Inoue, Hikaru Ochi, Takeshi Konishi, Taisuke Tsurutani, Yasuo Hayashibara and Eiji Koyanagi: Integrated Limb Mechanism Robot ASTERISK, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.18, No.2, pp.203-214, 2006/4.
  28. Yasushi Mae, Tatsushi Mure, Kenji Inoue, Tatsuo Arai, and Noriho Koyachi: Sensor-Based Walking on Rough Terrain for Legged Robots, Springer Tracts in Advanced Robotics, 24, pp.255-264, 2005.
  29. 井上健司, 西濱祐介, 坂田幸太郎, 新井健生, 前泰志: 手作業を目的とした人間型ロボットの全身動作生成, 日本ロボット学会誌, vol.23, no.8, pp.967-976, 2005/11.
  30. Kenji Inoue, Masato Yamamoto, Yasushi Mae, Tomohito Takubo, Tatsuo Arai: `Search Balls': Sensor Units for Searching Inside Rubble, Advanced Robotics, Vol.19, No.8, pp.861-878, 2005/10.
  31. Kenji Inoue, Reiko Uesugi, Ryouhei Sasama, Tatsuo Arai, Yasushi Mae: Development of Integrated Visual Haptic Display Using Translucent Flexible Sheet, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.17, No.3, pp.302-309, 2005/6.
  32. Yasushi Mae, Naoki Sasao, Yukinobu Sakaguchi, Kenji Inoue and Tatsuo Arai: Head Detection and Tracking for Monitoring Human Behaviors, Systems and Human Science - for Safety, Security and Dependability -, Tatsuo Arai, Shigeru Yamamoto and Kazuhisa Makino (Editors), pp.477-487. 2005.
  33. Kotaro Sakata, Kenji Inoue, Tomohito Takubo, Tatsuo Arai and Yasushi Mae: Proposal of Wheelchair User Support System Using Humanoid Robots for Creating SSR Society, Systems and Human Science - for Safety, Security and Dependability -, Tatsuo Arai, Shigeru Yamamoto and Kazuhisa Makino (Editors), pp.367-380, 2005.
  34. 田中航,新井健生,井上健司,前泰志,小関義彦: パラレルメカニズムの姿勢測定数を軽減したキャリブレーションに関する考察, 日本機械学会論文集(C編), vol.71, no.701, pp.206-213, 2005/1.
  35. 梅谷智弘,前泰志,井上健司,新井健生,八木淳一: 複数の環境添付型記憶媒体を用いた物体の位置姿勢推定, 日本ロボット学会誌, vol.23, no.1, pp.84-94, 2005/1.
このページの先頭に戻る

国際会議
  1. Yu Sato, Kenji Inoue: Tripod Gait for Six-Legged Robots on Deeply Undulating Terrain, Proc. of the 6th International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015), pp.185-186, Tokyo, Japan, December 5-8, 2015.
  2. Kenji Inoue, Masashi Kaminogo: Steep Slope Climbing Using Feet or Shins for Six-Legged Robots, 10th Asian Control Conference 2015 (ASCC 2015), May 31-June 3, 2015, Sutera Harbour Resort, Sabah, Malaysia
  3. Kenji Inoue, Masanori Shimoe, Suwoong Lee: Haptic Feedback of Real Soft Objects with Haptic Device Using Flexible Sheet, Proc. of the 2013 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2013), pp.4970-4976, November 3-8, 2013, Tokyo, Japan.
  4. Hidetaka Nozawa, Suwoong Lee, Jae-Il Kim, Kenji Inoue: Human-Robot Cooperation for Heavy Object Manipulation Based on Sensing Pneumatic Pressure in Air Cushions, Proc. of 2012 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics, Jul. 11-14, 2012.
  5. Suwoong Lee, Hidetaka Nozawa, Daisuke Watanabe, Jae-Il Kim, Kenji Inoue: Power Assist for Lifting Motion in Sagittal Plane by Forearm Support-Type Lift Assist System (FOLAS), Proc. of International Conference on Control, Automation, and Systems, Oct. 26-29, 2011.
  6. Kentaro Ujiie, Suwoong Lee, and Kenji Inoue: Haptic Device Using Flexible Sheet by Tension and Touch Area Control, Proc. of 2010 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, Sendai, Japan, Dec. 21-22, 2010
  7. Suwoong Lee, Atsushi Ogawa, Kenji Inoue: System Design for Forearm Support-Type Lift Assist System (FOLAS): an Intuitively-Operated Power Assist System without Wearing, Proc. of 2010 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, Sendai, Japan, Dec. 21-22, 2010
  8. Suwoong Lee, Hidetaka Nozawa, Kenji Inoue: Development of Forearm Support-Type Lift Assist System (FOLAS): System Design for Intuitive Assist Operation without Wearing, Proc. of International Conference on Control, Automation, and Systems, Oct. 27-30, 2010.
  9. Kenji Inoue, Kanjiro Ooe, Suwoong Lee: Analysis of Pushing Methods by Working Six-Legged Robots Capable of Locomotion and Manipulation in Three Modes, Proc. of 2010 IEEE International Conference on Robotics and Automation, May 3-8, 2010, Anchorage, Alaska, USA.
  10. Kanjiro Ooe, Maki Kikuchi, Suwoong Lee, Kenji Inoue: Toward Step Climbing by Working Six-legged Robots: Gait for Step Climbing and Measurement Method of Step Height, Proc. of the 3rd International Conference of Asian Society for Precision Engineering and Nanotechnology, Kitakyushu, Japan, Nov. 11-13, 2009.
  11. Yuki Matsuzaki, Kenji Inoue, Suwoong Lee: Manipulation of Micro-Scale Objects Using Micro Hand with Two Rotational Fingers, Proc. of 2009 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, Nagoya, Japan, Nov. 8-11, 2009
  12. Seiji Aoyagi, Takashi Matsuda, Yuuki Ikejiri, Masato Suzuki, Kenji Inoue: "Proposal and Development of Arrayed Sole Sensor for Legged Robot and Contact Force Detection Using Neural Networks", Proceedings of the 2009 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2009), pp.3251-3256, October 11-15, 2009 St. Louis, USA
  13. Kenji Inoue, Fuyuki Kato, Suwoong Lee: Haptic Device Using Flexible Sheet and Air Jet for Presenting Virtual Lumps under Skin, Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, accepted and to be published, St. Louis, MO, USA, Oct. 10-15, 2009.
  14. Kenji Inoue, Yuki Okamoto: Vision-Based Detection of Finger Touch for Haptic Device Using Transparent Flexible Sheet, Proc. of the 2009 IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp. 665-670, 2009.
  15. Ahmed. A. Ramadan, Kenji Inoue, Tatsuo Arai, Tomohito Takubo: Chopstick-like Two-fingered micromanipulator hybrid hand, Proc. of 2008 International Symposium on Flexible Automation, 2008.
  16. Ahmed. A. Ramadan, Kenji Inoue, Tatsuo Arai, Tomohito Takubo: Synthesis of a chopstick-like Two-fingered micromanipulator based on a novel inverse kinematics solution, Proc. of 17th CISM-IFToMM Symposium on Robot Design, Dynamics, and Control, pp. 273-280, 2008.
  17. Shunsuke Negi, Tatsuo Arai, Kenji Inoue, Yoshihiro Ujiie, Tomohito Takubo: Psychological Assessment of humanoid Robot Appearance and Performance Using Virtual Reality, Proc. of 17th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive, pp. 719-724, 2008.
  18. Kenji Inoue, Kanjiro Ooe: Development of Working Six-Legged Robots Capable of Locomotion and Manipulation in Three Modes, Proc. of 39th International Symposium on Robotics 2008, pp. 365-370, 2008.
  19. Kenji Inoue, Tamio Tanikawa, Tatsuo Arai: Micro Hand with Two Rotational Fingers and Manipulation of Small Objects by Teleoperation, Proc. of 19th IEEE International Symposium on Micro-NanoMehatronics and Human Science, pp. 97-102, 2008.
  20. Izumi Hatta, Kenichi Ohara, Tatsuo Arai, Yasushi Mae, Tomohito Takubo, Kenji Inoue: Cell Analysis System Using Two-fingered Micro Hand -Fine Adjustment Mechanism for End-effector, Proc. of 19th IEEE International Symposium on Micro-NanoMehatronics and Human Science, pp. 108-113, 2008.
  21. Ahmed A. Ramadan, Tatsuo Arai, Tomohito Takubo Kenji Inoue: Optimization of a Hybrid Two-Fingered Micro Hand Using Genetic Algorithms, Proc. of 19th IEEE International Symposium on Micro-NanoMehatronics and Human Science,pp. 103-107, 2008.
  22. Shota Fujii, Kenji Inoue, Tomohito Takubo, Yasushi Mae, Tatsuo Arai: Ladder Climbing Control for Limb Mechanism Robot "ASTERISK", Proceedings of the 2008 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA2008), pp.3052-3057, 2008/5/19-23, Pasadena, CA, USA.
  23. Ahmed A. Ramadan, Kenji Inoue, Tatsuo Arai, Tomohito Takubo and Izumi Hatta: Micro-Nano Two-Fingered Hybrid Manipulator Hand, Proceedings of the 2007 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2007), pp.32-37, 2007/11.
  24. Ahmed A. Ramadan, Kenji Inoue, Tatsuo Arai and Tomohito Takubo: New Hybrid Two-Fingered Micro-Nano Manipulator Hand: Optimization and Design, Proceedings of the 2007 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation (IEEE ICMA 2007), pp.2524-2529, 2007/8.
  25. Kenji Inoue, Yoshihiro Ujiie, Tomohito Takubo, Tatsuo Arai: Psychological Evaluation for Rough Shape of Humanoid Robots Using Virtual Reality, Proceedings of the 13th International Conference on Advanced Robotics (ICAR2007), 2007, August 21-24, Jeju, Korea.
  26. Tsuyoshi Furukawa, Kenji Inoue, Tomohito Takubo, Tatsuo Arai: Encountered-type Visual Haptic Display Using Flexible Sheet, Proceedings of the 2007 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA2007), pp. 479-484, 2007, April 10-14, Roma, Italy.
  27. Tomohito Takubo, Takeshi Tanaka, Kenji Inoue, Tatsuo Arai: Emergent walking stop using 3-D ZMP modification criteria map for humanoid robot, Proceedings of the 2007 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA2007), pp.2676-2681, 2007, April 10-14, Italy.
  28. Huseyin UVET, Tatsuo Arai ,Kenji Inoue, Tomohito Takubo, Sadaaki Kunimatsu: Compact Vision System Design and Application on a PDMS Chip, Proceedings of the 2nd IEEE International Conference on Nano/Micro Engineered and Molecular Systems, pp.719-724, 2007, January 16-19, Thailand.
  29. Ahmed A. Ramadan, Kenji Inoue, Tatsuo Arai, Tomohito Takubo, Tamio Tanikawa: New Design of a Compact Parallel Micro-Nano Two-Fingered Manipulator Hand, Proceedings of the 2nd IEEE International Conference on Nano/Micro Engineered and Molecular Systems, pp.515-519, 2007, January 16-19, Thailand.
  30. Tatsuo Arai, Tomohito Takubo, Kenji Inoue, Tomohiro Umetani: Efficient Monitoring by Robot and Intelligent Tag Collaboration, The 3rd International Conference on Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence (URAI 2006), pp.183-186, 2006/10.
  31. Tomohito Takubo, Shingo Maeda, Kenji Inoue, Tatsuo Arai: Feasibility of Humanoid Application for Wheelchair User Support, The 3rd International Conference on Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence (URAI 2006), pp. 29-34, 2006/10.
  32. Huseyin Uvet, Tatsuo Arai, Kenji Inoue, Tomohito Takubo, Sadaaki Kunimatsu: Compact Vision System on a Chip Application, Proceedings of the 2006 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2006), pp.292-297, 2006/11.
  33. Kenji Inoue, Daisuke Nishi, Tomohito Takubo, Tatsuo Arai: Measurement of Mechanical Properties of Living Cells Using Micro Fingers and AFM Cantilevers, Proceedings of the 2006 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2006), pp.205-210, 2006/11.
  34. Tomohito Takubo, Kenji Inoue, Tatsuo Arai, Kazutoshi Nishii: Wholebody Teleoperation for Humanoid Robot by Marionette System, Proceedings of the 2006 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2006), pp.4459-4465, 2006/10/9-15, Beijing, China.
  35. Takeshi Tanaka, Tomohito Takubo, Kenji Inoue, Tatsuo Arai: Emergent Stop for Humanoid Robots, Proceedings of the 2006 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2006), pp.3970-3975, 2006/10/9-15, Beijing, China.
  36. Kenji Inoue, Taisuke Tsurutani, Tomohito Takubo, Tatsuo Arai: Omni-directional Gait of Limb Mechanism Robot Hanging from Grid-like Structure, Proceedings of the 2006 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2006), pp.1732-1737, 2006/10/9-15, Beijing, China.
  37. Ahmed A. Ramadan, Kenji Inoue, Tatsuo Arai, Tomohito Takubo: Design Optimization of a Compact 3-DOF Parallel Micro/Nano Finger Manipulator, Proceedings of the 2006 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2006), pp.778-783, 2006/10/9-15, Beijing, China.
  38. Shingo Maeda, Tomohito Takubo, Kenji Inoue, Tatsuo Arai, Shun Nishide: Cylinder Detection and Grasping Application Using Humanoid Robot, Proceedings of 23rd International Symposium on Automation and Robotics in Construction (ISARC 2006), pp.517-522, 2006/10.
  39. Shota Fujii, Kenji Inoue, Tomohito Takubo, Tatsuo Arai: Climbing up onto Steps for Limb Mechanism Robot "ASTERISK", Proceedings of 23rd International Symposium on Automation and Robotics in Construction (ISARC 2006), pp.225-230, 2006/10.
  40. Sadaaki Kunimatsu, Hironori Kumeno, Naoko Tsukuda, Tomohito Takubo, Kenji Inoue, Tatsuo Arai, Yasushi Mae, Tomohiro Umetani: Cooperative Monitoring by Fixed Cameras and Moving Cameras, Proceedings of 23rd International Symposium on Automation and Robotics in Construction (ISARC 2006), pp.182-187, 2006/10.
  41. Tomohiro Umetani, Kenji Inoue, Tatsuo Arai: Pose Estimation of Construction Materials Using Multiple ID Devices for Construction Automation, Proceedings of 23rd International Symposium on Automation and Robotics in Construction (ISARC 2006), pp.164-169, 2006/10.
  42. Kaori Fujimoto, Tatsuo Arai, Tomohito Takubo, Kenji Inoue: Cell Detection in Capillary Using Laser and Photodiode Device, Proceedings of 2006 International Symposium on Flexible Automation (ISFA2006), pp.761-764, 2006/7.
  43. Wataru Tanaka, Tatsuo Arai, Kenji Inoue, Tomohito Takubo and Choong Sik Park: Calibration Method for Parallel Mechanism using Micro Grid Pattern, Proceedings of the 2006 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA2006), pp.763-768, 2006/5.
  44. Hiroyuki Tamura, Katsuya. Kawakami, Kenji Inoue and Tatsuo Arai: Model-Based Evaluation of Psychological Sense of Security for Moving Humanoid Robots Based on Analytic Hierarchy Process, Proceedings of 3rd International Symposium on Systems and Human Science (SSR 2006), 2006.
  45. Yoshihiro Ujiie, Kenji Inoue, Tomohito Takubo and Tatsuo Arai: Evaluation of Human Sense of Security for Coexisting Robots Using Virtual Reality, 3rd Report: Evaluation of Biped Walking of Humanoid Robot, Proceedings of 3rd International Symposium on Systems and Human Science (SSR 2006), 2006.
  46. Tomohito TAKUBO, Kenji INOUE and Tatsuo ARAI: Humanoid Application for Wheelchair User Support - Pushing Manipulation for Humanoid Robot Using ZPM Based Reference Center of Mass, Proceedings of 3rd International Symposium on Systems and Human Science (SSR 2006), 2006.
  47. Tomohito TAKUBO, Tatsuo ARAI, Kenji INOUE, Hikaru Ochi, Takeshi Konishi, Taisuke Tsurutani, Yasuo Hayashibara and Eiji KOYANAGI: Development of Limb Mechanism Robot, Proceedings of the 36th International Symposium on Robotics (ISR 2005), 2005.
  48. Kenji INOUE, Tatsuo ARAI, Tamio TANIKAWA, Kohtaro OHBA: Dexterous Micromanipulation Supporting Cell and Tissue Engineering, Proceedings of the 2005 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science(MHS2005), pp.197-202, 2005.
  49. Kenji Inoue, Masato Yamamoto, Yasushi Mae, Tomohito Takubo, Tatsuo Arai: Design of Search Balls with Wide Field of View for Searching Inside of Rubble, Proceedings of the 2005 IEEE International Workshop on Safety, Security and Rescue Robotics (SSRR2005), pp.170-175, 2005/6/7-8, Kobe, Japan.
  50. Wataru TANAKA, Tatsuo ARAI, Kenji INOUE, Tomohito TAKUBO and Yoshihiko KOSEKI: Link Length Control using Dynamics for Parallel Mechanism with Adjustable Link Parameters -Verification with Experiment using Actual Mechanism-, Proceedings of the 22nd International Symposium on Automation and Robotics in Construction (ISARC 2005), 2005.
  51. Kazutoshi NISHII, Tomobito TAKUBO, Kenji INOUE and Tatsuo ARAI: Marionette System for Operating and Displaying Whole-body Motion -Evaluation of Tele-manipulation Using Marionette Device-, Proceedings of the 14th IEEE International Workshop on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN 2005), 2005.
  52. Kenji INOUE, Seri NONAKA, Yoshihiro UJIIE, Tomohito TAKUBO and Tatsuo ARAI: Comparison of Human Psychology for Real and Virtual Mobile Manipulators, Proceedings of the 14th IEEE International Workshop on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN 2005), pp.73-78, 2005, August 13-15.
  53. Tomohito TAKUBO, Kenji INOUE and Tatsuo ARAI: Pushing Operation for Humanoid Robot Using Multipoint Contact States, Proceedings of the 2005 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2005), pp.352-357, 2005.
  54. Daisuke NISHI, Tatsuo ARAI and Kenji INOUE: Measurement of the Mechanical Properties of Living Cell Using Micro Hand and developed AFM System, Proceedings of the 2005 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2005), 2005.
  55. Shun NISHIDE, Tomohito TAKUBO, Kenji INOUE and Tatsuo ARAI: Wide-Area Recognition Using Hybrid Motion Stereo Outlier Rejection for Motion Stereo Using Sequential Data, Proceedings of the 2005 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2005), 2005.
  56. Wataru TANAKA, Tatsuo ARAI, Kenji INOUE, Tomohito TAKUBO, Yasushi MAE and Yoshihiko KOSEKI: Workspace Analysis of Parallel Mechanism with Adjustable Link Parameters, Proceedings of the 12th International Conference on Advanced Robotics (ICAR2005), pp.202-207, 2005.
  57. Tomohito TAKUBO, Kenji INOUE and Tatsuo ARAI: Pushing an Object Considering the Hand Rifrect Forces by Humanoid Robot in Dynamical Walking, Proceedings of the 2005 IEEE International conference on Robotics and Automation (ICRA2005), pp.1718-1723, 2005.
  58. Shun NISHIDE, Tomohito TAKUBO, Kenji INOUE and Tatsuo ARAI: Wide Area Recognitiion Using Hybrid Motion Stereo, Proceedings of the 2005 IEEE International conference on Robotics and Automation (ICRA2005), pp.818-823, 2005.
  59. Kotaro SAKATA, Tomohito TAKUBO, Shun NISHIDE, Kenji INOUE and Tatsuo ARAI: Wheelchair User Support System Using Humanoid Robots - User Interface Using Smart Handy Device -, Proceedings of the 2nd International Symposium on Systems and Human Science (SSR2005), 2005.
  60. Yasushi MAE, Naoki SASAO, Yukinobu SAKAGUCHI, Tomohito TAKUBO, Kenji INOUE and Tatsuo ARAI: Person Identification by Color Pattern Acquired in Visual Tracking, Proceedings of the 2nd International Symposium on Systems and Human Science (SSR2005), 2005.
  61. Kenji INOUE, Seri NONAKA, Yoshihiro UJIIE, Tomohito TAKUBO and Tatsuo ARAI: Evaluation of Human Sense of Security for Coexisting Robots using Virtual Reality 2nd Report: Evaluation of Humanoid Robots Passing by Humans in Corridors, Proceedings of the 2nd International Symposium on Systems and Human Science (SSR2005), 2005.
  62. Tomohiro Umetani, Yasushi Mae, Tatsuo Arai, Hironori Kumeno, Kenji Inoue, Tomohito Takubo and Hiroshi Niho: Identification and Localization of Buried Metal Object - High-Speed Matching using Genetic Algorithm-, Proceedings of the 2nd International Symposium on Systems and Human Science (SSR2005), 2005.
  63. Shun NISHIDE, Tomohito TAKUBO, Kenji INOUE and Tatsuo ARAI: Wide Area Recognitiion for Safety and Security Preserving Robots, Proceedings of the 2nd International Symposium on Systems and Human Science (SSR2005), 2005.
このページの先頭に戻る

国内学会
  1. 鈴木愛瑠奈, 井上健司: 6脚作業移動ロボットの直立全方向歩容, ロボティクス・メカトロニクス講演会2017講演論文集, 1A1-B11, 2017/5/10-13, ビッグパレットふくしま
  2. 高津陽太, 井上健司: 小型モーションコントローラを用いた2腕ロボットのジェスチャ遠隔操作, 日本機械学会東北支部第52期総会・講演会講演論文集, pp.153-154, 2017/3/14, 東北大学
  3. 辻絢人, 井上健司: ロボットによる超音波探触子の垂直押し付け法, 計測自動制御学会東北支部第306回研究集会, 306-4, 2016/12/10,東北大学.
  4. 小林和弘, 井上健司: 顕微鏡画像のぼけを利用したマイクロフィンガーの高さ制御, 計測自動制御学会東北支部第304回研究集会, 304-1, 2016/10/21,山形大学.
  5. 千葉寛也, 井上健司: カラー画像と距離画像を用いた移動ロボットの物体追従制御, 計測自動制御学会東北支部第304回研究集会, 304-2, 2016/10/21,山形大学.
  6. 薩摩諒太, 井上健司: 脚ロボット用可動式スパイクフットの開発, 計測自動制御学会東北支部第304回研究集会, 304-3, 2016/10/21,山形大学.
  7. 今埜大介,井上健司: 対向する2 本のマイクロフィンガーを用いた微小物体の3次元操作システム, 第34回日本ロボット学会学術講演会予稿集, RSJ2016AC1U2-02, 2016年9月7日~9日,山形大学小白川キャンパス
  8. 武田璃菜,井上健司: 呼吸により変動する腹部の柔らかさを再現する腹部触診シミュレータ, 第34回日本ロボット学会学術講演会予稿集, RSJ2016AC3F2-07, 2016年9月7日~9日,山形大学小白川キャンパス
  9. 笹岡孟史, 井上健司: 4脚2腕ロボットの直立準動歩行, ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集, 1A1-06b1, 2016/6/8-11, パシフィコ横浜
  10. 竹田祥紀, 井上健司: 6脚作業移動ロボットの走行制御, ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集, 1A1-06b2, 2016/6/8-11, パシフィコ横浜
  11. 月舘翔平, 井上健司: 2本のガラスマイクロピペットを用いた微小物体の非接触回転制御, 計測自動制御学会東北支部第297回研究集会, 297-1, 2015/10/23,山形大学.
  12. 佐々木洸太, 井上健司: 手首が柔らかい4本指ハンドを備えた6脚作業移動ロボットの開発, 計測自動制御学会東北支部第297回研究集会, 297-2, 2015/10/23,山形大学.
  13. Juthamas Kroswas, Kenji Inoue: Proposal of Gesture Based Teleoperation System for Six-Legged Robots with Multiple Modes, 計測自動制御学会東北支部50周年記念学術講演会, A304, 2014/12/11-12, 東北大学.
  14. 関口恵之, 井上健司: 6脚作業移動ロボットの直立歩行, 計測自動制御学会東北支部第291回研究集会, 291-2, 2014/10/23,山形大学.
  15. 佐々木孝明, 井上健司: ヒトの腹部の柔らかさと呼吸性上下動の測定実験, 計測自動制御学会東北支部第291回研究集会, 291-8, 2014/10/23,山形大学.
  16. 竹田祥紀, 井上健司: 6脚作業移動ロボットの走行に関する基礎研究, 計測自動制御学会東北支部第291回研究集会, 291-9, 2014/10/23,山形大学.
  17. 和泉均, 馮忠剛, 井上健司: 生体材料薄膜ロール形成機構に関する基礎実験, ロボティクス・メカトロニクス講演会2014講演論文集, 3A1-B06, 2014/5/25-29, 富山市総合体育館
  18. 伊藤剛, 小林洋介, 井上健司: 歩行パターンを用いない5脚ロボットの全方向歩容, 計測自動制御学会東北支部第283回研究集会, 283-3, 2013/10/25,山形大学.
  19. 上之郷将志, 小林洋介, 井上健司: 6脚ロボットによる急斜面全方向移動, 計測自動制御学会東北支部第283回研究集会, 283-4, 2013/10/25,山形大学.
  20. 余淑芬, 井上健司, 李秀雄, 小関博資: 4本指ハンドを持つ6脚作業移動ロボットの開発, ロボティクス・メカトロニクス講演会2013講演論文集, 1A1-P13, 2013/5/22-25, つくば国際会議場
  21. 下江雅則, 李秀雄, 井上健司: シート型ハプティックデバイスにおける接写カメラを用いた押し込み量の計測, 計測自動制御学会東北支部第276回研究集会, 276-4, 2012年11月7日,福島大学
  22. 今埜 大介,李 秀雄,井上 健司: マルチタッチディスプレイを用いた2本指マイクロハンドの操作インタフェース, 第30回日本ロボット学会学術講演会予稿集,2E1-4, 2pp., 2012年9月17日~20日,札幌コンベンションセンター
  23. 野澤 秀隆,李 秀雄,井上 健司: エアクッションとカメラを用いた前腕支持型持ち上げ支援システム(FOLAS)のための操作インターフェース, 第30回日本ロボット学会学術講演会予稿集,2K1-4, 2pp., 2012年9月7日~20日,札幌コンベンションセンター
  24. 伊藤剛, 李秀雄, 井上健司: 歩行パターンを用いない4脚ロボットの全方向歩容,2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.671-672, 2012年3月14〜16日, 首都大学東京南大沢キャンパス
  25. 上之郷将志, 李秀雄, 井上健司: 4脚2腕ロボットによる急斜面登り, 2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.673-674, 2012年3月14〜16日, 首都大学東京南大沢キャンパス
  26. 三田将幸, 李秀雄, 井上健司: 回転マイクロフィンガーのビジュアルフィードバック制御, 計測自動制御学会東北支部第271回研究集会,271-5, 2012年3月9日,東北大学
  27. 余 淑芬, 李 秀雄, 井上 健司: 脚先に超音波センサを搭載した6脚作業移動ロボットの障害物回避,日本機械学会東北支部第47回秋季講演会予稿論文集, pp. 106 - 107, 2011年9月22日,山形大学工学部
  28. 渡邊 大輔, 李 秀雄, 井上 健司: 前腕支持型持ち上げ支援システム(FOLAS)における操作力検出精度向上のためのエアクッション‐前腕間の接触面積推定, 日本機械学会東北支部第47回秋季講演会予稿論文集, pp. 96 - 97, 2011年9月22日,山形大学工学部
  29. 野澤 秀隆, 李 秀雄, 井上 健司: 持ち上げ対象と前腕の重心変化を利用した前腕支持型持ち上げ支援システム(FOLAS)の前後操作, 日本機械学会東北支部第47回秋季講演会予稿論文集, pp. 94 - 95, 2011年9月22日,山形大学工学部
  30. 井上 健司, 加藤 冬樹, 李 秀雄: 柔軟シートと空気ジェットを用いたハプティックデバイスの設計と制御, 第16 回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.265-268, 2011年9月22日,公立はこだて未来大学
  31. 氏家 健太郎, 李 秀雄, 井上 健司: 腹部触診訓練を目的としたハプティックデバイスの設計, 第16 回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.269-272, 2011年9月22日,公立はこだて未来大学
  32. 井上 健司,設楽 乃莉子,李 秀雄: 回転マイクロフィンガーの偏心補正の自動化, 第29回日本ロボット学会学術講演会予稿集,2D2-6, 3pp., 2011年9月7日~9日,芝浦工業大学
  33. 野澤 秀隆,李 秀雄,井上 健司: 重なったエアクッション内の圧力変化を利用した前腕支持型持ち上げ支援システム(FOLAS)の前後操作, 第29回日本ロボット学会学術講演会予稿集,1H2-2, 4pp., 2011年9月7日~9日,芝浦工業大学
  34. 松野 匡浩, 李 秀雄, 井上 健司: 柔軟シートを用いたハプティックデバイスにおける指先位置と押し込み量の計測, 計測自動制御学会東北支部第260回研究集会, 260-9, 2010年10月29日,山形大学工学部
  35. 馬籠 恭平, 李 秀雄, 井上 健司: 6脚作業移動ロボットの脚先力センサの特性計測, 計測自動制御学会東北支部第260回研究集会, 260-8, 2010年10月29日,山形大学工学部
  36. 野澤 秀隆, 李 秀雄, 井上 健司: 持ち上げ動作支援のための前腕支持型パワーアシストシステムの開発, 計測自動制御学会東北支部第260回研究集会,260-18, 2010年10月29日,山形大学工学部
  37. 山城 暁,井上 健司,馬籠 恭平,李秀雄: ハイブリッドインチワームロボットの開発, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2009),1O1-3,2009年12月24日〜26日
  38. 大江寛次郎,井上健司,李秀雄,6脚作業移動ロボットによる段差乗り越え,計測自動制御学会東北支部第252回研究集会,252-14,2009年10月30日,山形大学工学部
  39. 加藤 冬樹,李 秀雄,井上 健司: 柔軟シートと空気ジェットを用いたハプティックデバイスに関する基礎研究, 第14回バーチャルリアリティ学会退会予稿集,1D2-3,2009年9月9〜11日,早稲田大学
  40. 松崎 由紀,李 秀雄,井上 健司: 回転2本指マイクロハンドを用いた微小物体の回転操作実験, 第27回日本ロボット学会学術講演会予稿集,1B3-08,2009年9月15日~17日,横浜国立大学
  41. 大江 寛次郎,李 秀雄,井上 健司: 6脚作業移動ロボットによる物体押し動作の解析, 第27回日本ロボット学会学術講演会予稿集,1P2-02,2009年9月15日~17日,横浜国立大学.
  42. 松田昂,鈴木昌人,青柳誠司,井上健司: "脚式移動ロボットのための分布型足裏センサの提案とニューラルネットワークを用いた接触力の検出", 第26回日本ロボット学会学術講演会, 3L1-09, 2008.
  43. 大江寛次郎,菊地真紀,井上健司: "6脚作業移動ロボットの段差登り能力の解析", 第51 回自動制御連合講演会, pp.796-799, 2008/11/22-23, 山形大学工学部.
  44. Ahmed Ramadan, Tatsuo Arai, Tomohito Takubo, Yasushi Mae, Kenji Inoue: An Inverse Kinematics Solution for 3-PRS Parallel Micro Finger Module Based on End Effector Tip Position, 第26回日本ロボット学会学術講演会, 3F2-05, 2008.
  45. 岡本雄毅,井上健司: "柔軟シートを用いたハプティックデバイスにおける指先の接触検出", 日本バーチャルリアリティ学会第13 回大会論文集, pp.389-392, 2008/9, 奈良先端大学
  46. 井上健司: "回転2本指マイクロハンドによる微小物体の操作法", 第26回日本ロボット学会学術講演会, 1G2-01, 2008.
  47. 古川剛, 井上健司, 前泰志, 田窪朋仁, 新井健生: 柔軟シートを用いた遭遇型の視覚触覚ディスプレイに関する研究, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008講演論文集, 1P1-H12, 2008/6.
  48. 藤井祥太, 井上健司, 田窪朋仁, 前泰志, 新井健生: 腕脚統合型ロボットによる梯子の移動, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008講演論文集, 1A1-E07, 2008/6.
  49. 井上健司, 大江寛次郎: 3つのモードを切り替え可能な6脚作業移動ロボットの開発, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008講演論文集, 1A1-E04, 2008/6.
  50. 藤井祥太, 井上健司, 田窪朋仁, 新井健生: 力の分散を考慮した腕脚統合型ロボットによる梯子の昇段動作, 第8回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2K1-1, 2007, 12月20−22日
  51. 上川健司, 田窪朋仁, 新井健生, 井上健司: リムメカニズムロボットによるケーブルの回転懸垂移動, 第25回日本ロボット学会学術講演会講演論文集, 2G22, 2007
  52. 初田和泉, 新井健生, 田窪朋仁,井上健司: マイクロハンドを用いた細胞評価システム エンドエフェクタの微調整機構, 第25回日本ロボット学会学術講演会講演論文集, 2F21, 2007, 9月13日-15日
  53. 根木俊介, 新井健生, 井上健司, 氏家良浩, 田窪朋仁: バーチャルリアリティを用いたヒューマノイドロボットの外観と動作に対する心理的評価, 第25回日本ロボット学会学術講演会講演論文集, 1E27, 2007, 9月13日-15日
  54. 山崎淳平, 吉田晴行, 徳永健, 井上健司, 新井健生, 登尾啓史: 脚式作業移動型ロボットの作業性 -拡張トロット歩容適用時の作業移動における特性解析-, ロボティクス・メカトロニクス講演会2007講演論文集, 2P1-I11, 2007.
  55. 上撫琢也, 田窪朋仁, 井上健司, 新井健生: 腕脚統合型ロボット「ASTERISK」によるNDTグリッドマップを用いた環境地図生成, ロボティクス・メカトロニクス講演会2007講演論文集, 2P1-H05, 2007.
  56. 初田和泉, 新井健生, 井上健司, 國松禎明, 田窪朋仁: マイクロハンドを用いた細胞評価システム -基本システムの構築とユーザインタフェース-, ロボティクス・メカトロニクス講演会2007講演論文集, 2A2-N06, 2007.
  57. 大道武生, 新井健生, 井上健司, 神徳徹雄, 谷川民生, 前田 純一郎: 廃材分別を考慮した環境対応型解体作業支援ロボットの研究開発, ロボティクス・メカトロニクス講演会2007講演論文集, 1P1-M06, 2007.
  58. 新井健生, Roland CRUZ, 石塚裕介, 田窪朋仁 , 井上健司: 人・ロボット協調解体システム―第1報 基本構想―, ロボティクス・メカトロニクス講演会2007講演論文集, 1P1-L08, 2007.
  59. Rolando CRUZ, Tatsuo ARAI, Tomohito TAKUBO, Kenji INOUE, Yusuke ISHIZUKA: Dismantling System by Human Robot Collaboration - 2nd Report Preliminary Experiment -, ロボティクス・メカトロニクス講演会2007講演論文集, 1P1-L07, 2007.
  60. 梅谷智弘,井上健司,新井健生: ` 添付型記憶媒体を用いた物体の三次元位置姿勢推定 -記憶媒体の読み取りを利用した推定結果の検証-, ロボティクス・メカトロニクス講演会2007講演論文集, 1P1-L06, 2007.
  61. 井上健司, 氏家良浩, 田窪朋仁,新井健生: バーチャルリアリティを用いたヒューマノイドロボットの形状に対する心理的評価, ロボティクス・メカトロニクス講演会2007講演論文集, 1A2-O06, 2007.
  62. 藤井祥太, 井上健司, 田窪朋仁, 新井健生: 腕脚統合型ロボット「ASTERISK」による梯子の昇段動作, ロボティクス・メカトロニクス講演会2007講演論文集, 1A1-E08, 2007.
  63. 吉岡健伸, 田窪朋仁, 井上健司, 新井健生, 國松禎明: 脚車輪ハイブリッド動作によるASTERISKの不整地移動, ロボティクス・メカトロニクス講演会2007講演論文集, 1A1-E07, 2007.
  64. 田窪朋仁, 田中雄, 井上健司, 新井健生: ZMP修正指標マップに基づくヒューマノイドロボットの歩容変更, ロボティクス・メカトロニクス講演会2007講演論文集, 1A1-B11, 2007. 5/10-12, 秋田拠点センター ALVE(アルヴェ)
  65. 谷浩行, 國松禎明, 新井健生, 田窪朋仁, 井上健司: 卵細胞のマニピュレーション -画像情報を用いた個別採取-, 第7回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp.650-651, 2006.
  66. 藤本香織, 國松禎明, 新井健生, 田窪朋仁, 井上健司, 山田真人: 微小流路を移動する細胞の検出機構実装法, 第7回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp.632-633, 2006. 12/14-16, 札幌コンベンションセンター
  67. 飯尾淳, 井上健司, 新井健生: 複数輝点レーザポインタによる3次元情報入力装置, 第5回情報科学技術フォーラム(FIT2006)一般講演論文集, pp.467-468, 2006. 9/5-7, 福岡大学
  68. 新井健生, 井上健司, 田窪朋仁, 梅谷智弘: ロボットとRFIDの協調による詳細モニタリングの構想, 生産システム部門講演会2006講演論文集, pp.83-84, 2006.
  69. 梅谷智弘, 井上健司, 新井健生: RFIDを用いた作業環境における資材の位置姿勢推定手法, 生産システム部門講演会2006講演論文集, pp.81-82, 2006. 6/24, 慶應義塾大学理工学部
  70. AHMED A. RAMADAN, 井上健司, 新井健生, 田窪 朋仁: New Design of a Compact Two-fingered Micro-hand Parallel Manipulator, 日本ロボット学会第24回学術講演会講演論文集, 3L35, 2006.
  71. 井上健司, 西大輔, 田窪朋仁, 新井健生: マイクロフィンガーとAFM微小力センサを用いたヒト白血球細胞の剛性計測, 日本ロボット学会第24回学術講演会講演論文集, 3L23, 2006.
  72. 谷川民生, 井上健司, 新井健生: マルチスケール対応広範囲高精度マイクロマニピュレータ機構の設計, 日本ロボット学会第24回学術講演会講演論文集, 3L22, 2006.
  73. HUSEYIN UVET, 新井健生, 井上健司, 田窪朋仁, 國松禎明: The Compact Vision System Design for Single Cell Analysis and Manipulation, 日本ロボット学会第24回学術講演会講演論文集, 3L13, 2006.
  74. 藤本香織, 新井健生, 國松禎明, 田窪朋仁, 井上健司: 微細流路の細胞検出機構に関する実装方法の検討, 日本ロボット学会第24回学術講演会講演論文集, 3L12, 2006.
  75. 田中雄, 田窪朋仁, 井上健司, 新井健生: ZMP予見軌道の実時間修正によるヒューマノイドロボットの緊急停止動作, 日本ロボット学会第24回学術講演会講演論文集, 3H23, 2006. 9/14-16, 岡山大学,岡山市
  76. 古川剛, 井上健司, 田窪朋仁, 新井健生: 柔軟シートを用いた視覚・触覚ディスプレイにおける背面投影画像のゆがみ補正, 日本バーチャルリアリティ学会第11回大会論文集, pp.334-337, 2006. 9/7-9, 仙台
  77. 藤本香織, 新井健生, 田窪朋仁, 井上健司: 微小流路中を移動する細胞の検出, ロボティクス・メカトロニクス講演会2006講演論文集, 1A1-C29, 2006.
  78. 粂野裕紀, 國松禎明, 佃奈緒子, 前泰志, 梅谷智弘, 田窪朋仁, 井上健司, 新井健生: 固定カメラと移動カメラによる協調監視システム, ロボティクス・メカトロニクス講演会2006講演論文集, 1A1-D04, 2006.
  79. 藤井祥太, 井上健司, 田窪朋仁, 新井健生: 腕脚統合型ロボット「ASTERISK」による段差のよじ登り動作, ロボティクス・メカトロニクス講演会2006講演論文集, 1A1-E10, 2006.
  80. 梅谷智弘, 井上健司, 新井健生: 添付型記憶媒体を用いた物体の位置姿勢推定, ロボティクス・メカトロニクス講演会2006講演論文集, 2A1-B09, 2006.
  81. 宮内隆弘, 田窪朋仁, 井上健司, 新井健生: 腕脚統合型ロボット「ASTERISK」による走行動作生成, ロボティクス・メカトロニクス講演会2006講演論文集, 2A1-C37, 2006.
  82. 西井一敏, 田窪朋仁, 井上健司, 新井健生: 全身操作・動作提示デバイスによるマリオネットシステム 第5報:マリオネットデバイスとモーションエディタを用いた遠隔操作システム, ロボティクス・メカトロニクス講演会2006講演論文集, 2A1-D31, 2006.
  83. 古川剛, 井上健司, 田窪朋仁, 新井健生: 柔軟シートを用いた遭遇型ハプティック・デバイスの開発, ロボティクス・メカトロニクス講演会2006講演論文集, 2P1-C05, 2006.
  84. 小西剛史, 井上健司, 田窪朋仁, 新井健生: 腕脚統合型ロボット「ASTERISK」による物体搬送, ロボティクス・メカトロニクス講演会2006講演論文集, 2P1-D29, 2006.
  85. Huseyin Uvet, Tatsuo Arai, Kenji Inoue, Tomohito Takubo: A Vision System for Cell Manipulation Process, Proceedings of the 2006 JSME Conference on Robotics and Mechatronics, 1A1-C27, 2006.
  86. Ahmed A. Ramadan, Kenji Inoue, Tatsuo Arai, Tomohito Takubo: Design of a Compact 3-DOF Parallel Micro Finger Manipulator, Proceedings of the 2006 JSME Conference on Robotics and Mechatronics, 1A1-C35, 2006. 5/26-28, 早稲田大学大久保キャンパス
  87. 西井一敏, 井上健司, 田窪朋仁, 新井健生: 全身操作・動作提示デバイスによるマリオネットシステム−第4報 ヒューマノイドロボットの脚位置・姿勢操作, 第6回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演論文集, pp.857-858, 2005.
  88. 田中雄, 井上健司, 田窪朋仁, 新井健生: ZMP予見軌道の実時間修正による歩容変更, 第6回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演論文集, pp.859-860, 2005.
  89. 國松禎明, 佃奈緒子, 粂野裕紀, 前泰志, 井上健司, 田窪朋仁, 新井健生: 固定カメラと移動カメラの協調による人物追跡, 第6回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演論文集, pp.865-866, 2005.
  90. 田村坦之, 川上勝也, 井上健司, 新井健生: 人間共存型ロボットに対するAHPを用いた安心感の評価, 第6回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演論文集, pp.851-852, 2005.
  91. 氏家良浩, 井上健司, 田窪朋仁, 新井健生: VRを用いた人間共存型ロボットに対する安心感評価−第4報 ヒューマノイドロボットの二足歩行動作の評価, 第6回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演論文集, pp.849-850, 2005.
  92. 鶴谷泰介, 井上健司, 田窪朋仁, 新井健生: 力センサと関節コンプライアンスを利用したリムメカニズムロボットの格子天井移動, 第6回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演論文集, pp.317-318, 2005. 12/16-18, 熊本電波高専
  93. 藤本香織, 新井健生, 井上健司, 田窪朋仁, 高橋清也: 簡易センサによる微小流路中の細胞検出, 日本ロボット学会第23回学術講演会講演論文集, 2A25, 2005.
  94. 田中航, 新井健生, 井上健司, 田窪朋仁, 朴忠植: 微細格子パターンを用いたパラレルメカニズムのキャリブレーション, 日本ロボット学会第23回学術講演会講演論文集, 3A25, 2005. 9/15-17, 慶應義塾大学日吉キャンパス
  95. Kenji INOUE, Seri NONAKA, Yoshihiro UJIIE, Tomohito TAKUBO and Tatsuo ARAI: Evaluation of Human Sense of Security for Coexisting Robots Using Virtual Reality (4th Report: Comparison between Real and Virtual Robots), SICE Annual Conference 2005, pp.3879-3882, 2005.
  96. Tomohiro UMETANI, Hironori KUMENO, Yasushi MAE, Tomohito TAKUBO, Kenji INOUE and Tatsuo ARAI: Acquisition of Color Pattern by Moving Camera for Person Identification, SICE Annual Conference 2005, pp.3203-3208, 2005. 8/8-10, 岡山大学,岡山市
  97. 小西剛史, 井上健司, 田窪朋仁, 新井健生: 腕脚統合型ロボットの作業移動 −隣接2腕を用いた物体搬送−, ロボティクス・メカトロニクス講演会2005講演論文集, 1A1-N-046, 2005.
  98. 粂野裕紀, 前泰志, 梅谷智弘, 佐々尾直樹, 阪口幸伸, 新井健生, 井上健司, 田窪朋仁: 移動カメラによる人物認識のための色パターンの獲得, ロボティクス・メカトロニクス講演会2005講演論文集, 1P2-N-046, 2005.
  99. 山本雅人, 井上健司, 田窪朋仁, 新井健生: 瓦礫内を分散探査するセンサユニット「探査ボール」の開発−第5報 ボールの分散に対する形状の効果−, ロボティクス・メカトロニクス講演会2005講演論文集, 2A1-S-077, 2005.
  100. 野中瀬里, 井上健司, 氏家良浩, 田窪朋仁, 新井健生: VRを用いた人間共存型ロボットに対する安心評価−第3報人間とのすれ違い動作におけるヒューマノイドと移動マニピュレータの比較−, ロボティクス・メカトロニクス講演会2005講演論文集, 1P1-N-095, 2005.
  101. 田中航, 新井健生, 井上健司, 田窪朋仁: 可変構造型パラレルメカニズムの動力学を用いたリンク長制御−実機実験による検証−, ロボティクス・メカトロニクス講演会2005講演論文集, 1P1-S-004, 2005.
  102. 西出俊, 田窪朋仁, 井上健司, 新井健生: ハイブリッドモーションステレオを用いた広域環境認識, ロボティクス・メカトロニクス講演会2005講演論文集, 2A1-N-099, 2005.
  103. 西大輔, 新井健生, 井上健司, 田窪朋仁: マイクロハンドを用いた細胞の特性計測, ロボティクス・メカトロニクス講演会2005講演論文集, 2A1-N-077, 2005.
  104. 西井一敏, 田窪朋仁, 井上健司, 新井健生: 全身操作・動作提示デバイスによるマリオネットシステム−第3報 姿勢操作・提示機構の開発−, ロボティクス・メカトロニクス講演会2005講演論文集, 2P1-S-048, 2005.
  105. 田窪朋仁, 井上健司, 新井健生: 多点支持状態を利用したヒューマノイドロボットによる車椅子押し動作, ロボティクス・メカトロニクス講演会2005講演論文集, 2P1-S-050, 2005.
  106. 田窪朋仁, 新井健生, 井上健司, 梅谷智弘, 林原靖男, 小柳栄次: 腕脚統合型ロボット「ASTERISK」の開発, ロボティクス・メカトロニクス講演会2005講演論文集, ALL-N-004, 2005. 6/9-11, 神戸
  107. 山本雅人, 井上健司, 田窪朋仁, 新井健生: 瓦礫内探索用センサユニット「探査ボール」の開発, 第10回ロボティクスシンポジア予稿集, pp.429-434, 2005.
  108. 田窪朋仁, 井上健司, 新井健生: 手先反力を考慮したヒューマノイドによる物体の押し作業, 第10回ロボティクスシンポジア予稿集, pp.343-348, 2005.
  109. 西井一敏, 田窪朋仁, 井上健司, 新井健生: 全身操作・動作提示デバイスによるマリオネットシステム―相似形デバイスの開発とアーム操作・提示実験―, 第10回ロボティクスシンポジア予稿集, pp.325-330, 2005. 3/14-15, 箱根
このページの先頭に戻る

著書
  1. Tomohiro UMETANI, Kenji INOUE and Tatsuo ARAI: Pose Estimation of Construction Materials by Acquisition of Multiple IDs of Devices, in Robotics and Automation in Construction, C. Balaguer and M. Abderrahim Eds., In-Tech, pp.175-186, 2008.
  2. Kenji Inoue and Tatsuo Arai: Sec. 15 Psychological Evaluation for Rough Shape and Biped Walking of Humanoid Robots Using Virtual Reality, Service Robot Applications, Yoshihiko Takahashi (Editors), pp.255-270, I-Tech, 2008/6.
  3. 新井健生, 井上健司, 小谷内範穂, 八木康史, 松日楽信人, 小笠原司, 横井一仁: 図解雑学ロボット, ナツメ社, 2005/5/4.
このページの先頭に戻る

解説その他
  1. 井上健司, 谷川民生, 新井健生: マイクロスケールの操作技術, 日本ロボット学会誌, vol.25, no.2, pp.182-185, 2008/3.
  2. 新井健生, 谷川民生, 井上健司: マイクロマニピュレーションシステムの構築とその応用, ロボット, No.178, pp.18-21, 2007.
  3. 田窪 朋仁, 新井 健生, 井上 健司: 腕脚統合型ロボット「ASTERISK」, 日本ロボット学会誌, vol.24, no.2, p.52, 2006.
  4. 井上 健司, 新井 健生: 瓦礫内探査用センサユニット「探査ボール」の開発, 検査技術, vol.10, no.12, pp.23-27, 2005.
  5. 井上 健司: 瓦礫内探査用センサユニット「探査ボール」, 日本機械学会誌, vol.108, no.1038, p.412, 2005.
  6. 新井 健生,岩井 儀雄,日浦 慎作,井上 健司: 安心・安全空間創出のためのモニタリング・サポートシステム, 計測と制御, vol.44, no.3, pp.203-209, 2005.
このページの先頭に戻る

講演
  1. 井上健司, バイオマニピュレーション技術の研究動向, 第34回日本ロボット学会学術講演会, RSJ2016AC1U2-01/基調講演, 山形大学小白川キャンパス, 2016/9/7.
  2. 井上健司,バイオロボティクスとその応用, やまがたロボット研究会第1回勉強会, 山形県高度技術研究開発センター, 2016/2/8.
  3. 井上健司,生物に学ぶロボット開発, 東根市民立大学「タントまなべ学園」, 東根市さくらんぼタントクルセンター, 2015/1/27.
  4. 井上健司,MJIIT Public Seminar, "Bio-Inspired Robotics", Malaysia-Japan International Institute of Technology, 2012/9/18.
  5. 井上健司,MJIIT Lecture, "Robotics and Virtual Rreality", Malaysia-Japan International Institute of Technology, 2012/9/20.
  6. 井上健司,UTM Seminar, "Bio-Inspired Robotics", Universiti Teknologi Malaysia, 2012/9/21.
  7. 井上健司,第一回次世代ロボットデザインセンター記念講演会,次世代ロボットを生み出す創造技術フロンティア〜次世代ロボットデザインセンターの紹介,山形大学工学部,2010/10/10
  8. 井上健司,生物とロボット, やまがたサイエンス・カフェ,大学コンソーシアムやまがた主催,山形大学工学部,2010/2/4
  9. 井上健司,ロボティクス&ハプティクス, 平成21年度米沢工業会東海支部総会, KKRホテル名古屋, 2009/11/8
  10. 井上健司,生物とロボット, 山形大学工学部公開講座「人間を対象とする計測・制御技術」, 山形大学工学部, 2009/9/26
  11. 井上健司,柔軟物体の視覚・触覚提示,日本機械学会No.08-101東北地区特別講演会「身体と感性のインタラクション」(ロボティクス・メカトロニクス部門企画), 東北大学, 2008/10/27
  12. 井上健司,2本指マイクロハンドを用いた細胞のマニピュレーション, 文部科学省科学研究費補助金「特定領域研究」マルチスケール操作によるシステム細胞工学(バイオ操作)第4回公開シンポジウム, 大阪大学豊中キャンパス, 2007/3/9
  13. 井上健司,安心・安全のためのヒューマノイドによる人間支援, 05年度KECセミナー「人との共栄に向けてのこれからのロボット技術」, 大阪市立工業研究所, 11/18, 2005.
このページの先頭に戻る

特許
  1. 新井健生,井上健司,飯尾淳,「情報入力システム」,特開2008-204196
  2. 井上健司,新井健生,前泰志, 「被災者探索システム」,特開2007-167633
  3. 田窪朋仁,新井健生,井上健司,「歩行ロボット及びその制御方法」,WO2006-129857
  4. 井上健司,新井健生,前泰志,「転動分散型探索ユニット」,特開2005-159445
このページの先頭に戻る

受賞
  1. 精密工学会春季大会学術講演会ベストプレゼンテーション賞,上之郷将志,李秀雄,井上健司: 4脚2腕ロボットによる急斜面登り上之郷将志,平成24年度精密工学会春季大会学術講演会,2012/05/29
  2. 計測自動制御学会東北支部研究集会優秀講演奨励賞,野澤秀隆,李秀雄,井上健司: 持ち上げ動作支援のための前腕支持型パワーアシストシステムの開発,計測自動制御学会東北支部第260回研究集会,260-18,2010/10/29
  3. 計測自動制御学会東北支部研究集会優秀講演奨励賞,大江寛次郎,井上 健司,李秀雄: 6脚作業移動ロボットの段差乗り越え,計測自動制御学会東北支部第252回研究集会,2009/10/30
  4. 第9回ヒューマンインタフェース学会論文賞,飯尾 淳,井上 健司,新井 健生: レーザポインタによる3次元情報入力装置の開発とそのユーザビリティ評価,ヒューマンインタフェース学会,2009/3/2
  5. SI2005ベストセッション講演賞,西井一敏,田窪朋仁,井上健司,新井健生: 全身操作・動作提示デバイスによるマリオネットシステム,第6回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,2005/12/18
  6. 2005年度日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門ROBOMEC表彰,田窪朋仁,新井健生,井上健司,梅谷智弘,林原靖男,小柳栄次: 腕脚統合型ロボット「ASTERISK」の開発,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門,2005/5/27
このページの先頭に戻る

ロボットのデモ
  1. 6脚作業移動ロボットのデモ, 発見!体験!先端研究@上野の山シリーズ 山形から未来を照らすサイエンス, 国立科学博物館,2015/05/02-06
  2. 6脚作業移動ロボットの実演紹介, 上山市総合産業まつり,上山市体育文化センター,2009/10/31-11/1
このページの先頭に戻る

メディア
  1. NHK あさいち JAPAなび「置賜地方」, 2015/05/14.
  2. ロボット 生物にヒント 東根 山大・井上教授が講演, 山形新聞,2015/1/30.
  3. NHKニュースやまがた6時 シリーズ企画【研究者たちの挑戦】第4回「井上健司教授」,2013/11/19.
  4. バイオミミクリー×ロボット 最先端研究室に潜入!,月刊事業構想,2013年4月号,2013/3/1.
  5. 山形大学工学部創立100周年記念DVD「山形大学工学部次なる100年へ〜青春の飛翔〜」,工学部広報室発行,2010/5/4
  6. Rolling to the Rescue, Bulletin of the Atomic Scientists, March/April 2006.